« 人口自然減は過去最大、だって | トップページ | 出生率増も少子化進む、の巻 »

文学少女といえば?

友人(いつも出てくるアイツではありません)に勧められて、『文学少女シリーズ』なる小説を読んでみました。
ええまあ、今更ですけどねっ。
で、感想なんですが。

「こ、これは面白いっ!」

ジャンルとしてはミステリに属するかと思うんですけど、謎解きうんぬんはそれほど重視されていません。むしろこれでもかというくらい前面に出てくるのは、登場人物たちの秘めたる重い情念や鮮烈な感情の発露だと思います。
これまで挿絵的にスルーしていたのですけど、それを今では後悔しているくらい気に入ってしまいました。

「サイトのタイトルが泣いてるで?」
「いいんですっ、SF以外だって面白い小説はたくさんあるんだから」
「……まあ確かにな。○ラン○書院○庫にも名作はあるしな」

キミは『フ○○ス○院文○』専門なんかいっ!

 

文学少女と死にたがりの道化 (ファミ通文庫)

51j5b477qwl_sl500_aa240_

|

« 人口自然減は過去最大、だって | トップページ | 出生率増も少子化進む、の巻 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1183575/29949707

この記事へのトラックバック一覧です: 文学少女といえば?:

« 人口自然減は過去最大、だって | トップページ | 出生率増も少子化進む、の巻 »