« 出生率増も少子化進む、の巻 | トップページ | はつなつの風 »

コメ減反は誰のための政策か

なんだか最近はニュースの話題しか書いてないような気がしますけど。
日本酒好きの人間としては少し気になる話題です。

【コメ減反は誰のための政策か】
『石破農水相が推し進めた、コメの生産調整(減反)政策見直し案だが、自民党の次の選挙のマニフェストには盛り込まれないことになった。米価維持にこだわる農林族の幹部らや、自民党の支持団体である農協の反対を抑えることができなかったためという。』

これには正直失望しました。
この国には、私欲に溺れず中長期的な政策を実行できる政治家はいないのでしょうか?
食糧問題に限定しても、先進他国は食料自給率の引き上げのため近年対策を実施していますし、食料を戦略物資として用いた戦略外交すら日常茶飯事です。

食料自給率、
少子化、
高齢社会福祉、
教育、
国防、
今の日本で危機を叫ばれている諸問題の解決には、いずれも国家展望とそのビジョンを具体化した政策が必須だと思います。(場当たり政策ではだめです)
今の政界の方々の何割に、そうした国家展望があるのでしょうか?
甚だ疑問ではあります。

 以前、「日本沈没」なんて映画がありましたけど、ちょっと違う意味でそのタイトルが笑えない私なのでした。

|

« 出生率増も少子化進む、の巻 | トップページ | はつなつの風 »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1183575/30041313

この記事へのトラックバック一覧です: コメ減反は誰のための政策か:

« 出生率増も少子化進む、の巻 | トップページ | はつなつの風 »