ニュース

売れ残りだって、まだ食べられます

セブンイレブンが、売れ残り商品の廃棄損失を15%負担という話ですけど。

セブンがコンビニの売れ残り廃棄損失を一部負担
【コンビニエンスストア最大手セブン-イレブン・ジャパンは23日、売れ残った弁当類などの廃棄に伴う損失について、加盟店の全額負担としている現在の制度を見直し、廃棄する商品原価の15%を本部が負担する、と発表した。7月1日から実施する。】

「つーかさ、そもそもそう簡単に捨てんなよ」
「ですよね。賞味期限の切れる遙か前に捨てちゃうらしいですよ?」
「まあコンビニなんて、消費至上経済の最たるもんやしな」

因みにコンビニでは、消費期限を理由に1日9回商品を入れ替えるそうです。

「そーいえば、近くのコンビニじゃ期限間近の商品を割引で売ってるで」
「それは…環境にはすごくいいですけど、鮮度とかは大丈夫なのかな?」

何気ない問いに、悪友の眉がピクリと動く。

「んー、もろ下痢った」
「え、ちょ、それはほんとの話?」
「ホンマやで? カレーパン食べたらイッパツやったわ……部屋に3日ほど放置したもんやけどな」
「……」

それは自分のせいだろ!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

日本は平和です

ちょっと地味な話題ですが、忘れてはならない北朝鮮関連のニュースです。

米軍が北朝鮮船籍の船舶を追跡
【米CNNテレビなどは18日、米政府高官の話として、米軍が北朝鮮の船舶を追跡中だと報じた。核関連物資、ミサイル部品を積んでいる可能性があるという。
一方、米財務省は北朝鮮の金融機関17行のリストを示し、米金融機関に警戒を呼び掛ける勧告を発表した。2度目の核実験を強行した北朝鮮への国連安全保障 理事会の決議履行に向けて米国が動き出した。】

「核開発に伴う日本の制裁内容は全面禁輸措置、だっけ?」
「まあ、さして実効があるとも思えへんけどな」
「でもやらないよりまし、だよね」

意思表示程度の意味しかあらへんけどな、と吐き捨てるように呟く悪友。
いや、意見自体には同意するけど。

「でもこの手の話ってあんまり話題にならないよね」
「日本は平和やからな。北朝鮮の脅威なんてピンとこんのやろ」

そりゃごもっとも。自分も、北朝鮮からミサイルが飛んでくるなんて考えてもいませんしね。

「いっそのこと、1度ほんまにミサイルが落ちてきたらええんや」
「それはいくらなんでも暴論!!」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

尾崎もびっくり?

「盗~んだバイクで走り出すぅ~行き先も解らぬまま~」

のっけから歌い出してすみません。
ちょっと下のニュースを見たら思い出してしまって。

姉妹、盗んだバイクでひったくり
【バイクを盗んでひったくりをしたとして、警視庁少年事件課と福生署は窃盗の疑いで、東京都羽村市の無職の少女(19)を逮捕、少女の妹(13)を窃盗の非行事実で児童相談所に通告した。同課によると、姉妹は容疑を認め、「二度としません」などと反省しているという。】

まあこういう凶悪犯罪ではないニュースがテレビや新聞に載ると、我ながら不謹慎な話ですけど、実は少しほっとしたりします。
何故って、そういうニュースを載せられる程度には、世に凶悪犯罪が少ないわけですよね?
もちろん窃盗も犯罪ですしそれはそれとして裁かれなければなりませんけど、凶悪犯罪が連日普通に放映されるようになる世界よりはマシだと思うのです。

軽犯罪がニュースになる価値もないような荒んだ世界なんて、イヤじゃありません?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

コメ減反は誰のための政策か

なんだか最近はニュースの話題しか書いてないような気がしますけど。
日本酒好きの人間としては少し気になる話題です。

【コメ減反は誰のための政策か】
『石破農水相が推し進めた、コメの生産調整(減反)政策見直し案だが、自民党の次の選挙のマニフェストには盛り込まれないことになった。米価維持にこだわる農林族の幹部らや、自民党の支持団体である農協の反対を抑えることができなかったためという。』

これには正直失望しました。
この国には、私欲に溺れず中長期的な政策を実行できる政治家はいないのでしょうか?
食糧問題に限定しても、先進他国は食料自給率の引き上げのため近年対策を実施していますし、食料を戦略物資として用いた戦略外交すら日常茶飯事です。

食料自給率、
少子化、
高齢社会福祉、
教育、
国防、
今の日本で危機を叫ばれている諸問題の解決には、いずれも国家展望とそのビジョンを具体化した政策が必須だと思います。(場当たり政策ではだめです)
今の政界の方々の何割に、そうした国家展望があるのでしょうか?
甚だ疑問ではあります。

 以前、「日本沈没」なんて映画がありましたけど、ちょっと違う意味でそのタイトルが笑えない私なのでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

出生率増も少子化進む、の巻

近頃はすでに常用句とされている少子化についての話題。

出生率増 子育て環境の今後
『減少傾向が続いていた出生率が3年連続で増加した。2005年に1.26と過去最低だった合計特殊出生率が2008年は1.37になったというのだ。』

上記の件、記事本文中にもありますけど、調査期間や閏年の関係上数値が微増しているだけで、母数の減少を考慮に入れれば実質的には出生率は減少と考えてもよいかと。
もちろん、それに対してこれまで少子化対策という名の下手な鉄砲はいくつか撃たれてますけど、それが功を奏した形跡はないようです。

「もうスウェーデンみたくすりゃいいんじゃね?」
「えーと、たしか……所得税60%くらいの代わりに高福祉、みたいな?」
「ああ、それそれ」

悪友は得意げな顔でこちらをチラ見。
まあ、悪い案ではないんですけどね。

「それは難しいんじゃないかなあ」
「……なんでや?」
「だって、現在の減少した若者にしてみたら、これ以上の負担増なんて納得しないでしょ?」
「………」

税金で福祉をまかなう場合には、そういう世代間格差をどう埋めるかがキモになりそうなどと考えるよしはるなのでした。

「今日もオチがないで?」

そういう日もあるんです……

| | コメント (0) | トラックバック (0)

人口自然減は過去最大、だって

本日の気になるニュース!

『出生数から死亡数を引いたは自然増減数は、マイナス5万1317人になり、明治32年の統計開始以来、過去最となった。自然減が2年続くのも初めてで、本格的な人口減少社会に入ったことを裏付けた。』

 あの~、人口減少社会の到来なんてずいぶん前から分かっていたでしょう?
どうして抜本的な対策をしないんでしょうか。
給付金をばらまいたり、外国人労働者を増やしたり、政権争いに汲々とする前にやることがあるかと思うのですが。

「ズバリ!んなこたぁどうでもいいから、だろ?」
「……いきなり話が終わっちゃいましたね」
「いやそれ以外ないだろ、どう考えても」

ありゃりゃ、今回はオチなしですか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

<京都教育大 集団強姦>周囲の学生数人、見ていて止めず、だって

本日の気になるニュース

『京都教育大の男子学生6人が女子学生への集団準強姦(ごうかん)容疑で逮捕された事件で、他にも数人の学生が事件当時、現場に出入りしていたことが捜査関係者への取材で分かった。』
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090602-00000011-mai-soci

なにも強姦事件に限った話ではないですけど、近年こういう犯罪が身近で起きた時、周りで見ていた人が何もしないでスルーするという話をちらほら耳にしますけど。
これはやっぱり……あれですか?

「『人の振り見て、我が振り直せ!』やろ」
「違うっつーの! 『触らぬ神に祟りなし』でしょうが!」

はっ!いけないいけない、つい突っ込んでしまった。

「まあ、首を突っ込んで要らぬ怪我をするのもイヤですから、見て見ぬふりする気持ちは分かりますけど…」
「あほうっ、単に腰抜けなだけやんか」

それは…うん、反論できないですね。
とはいえ今のご時世、ちょっとしたことで犯罪者になってしまうので、他者のトラブルに身が竦むのも仕方ない気がしますが。

「そんなだから、お前の婚活はいつまでたっても成功せえへんちゅうんじゃっ!!」

…………………そりゃ、ごもっとも。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

感情論

今日のニュースで下記のような記事を見ました。

【少女を含む女性3人をレイプして妊娠や中絶をさせるという内容の日本製のパソコンゲームソフトに海外で批判が高まっている。
 日本での販売中止を求める抗議活動を国際人権団体が始めた。このゲームは2月に英国の国会で問題になり、ビデオ・書籍のネット販売大手「アマゾン」が扱いを中止した。しかし、児童ポルノなどの規制が緩い日本では今でも流通している。】

 感情論的に、レイプや暴行を目的とした娯楽に嫌悪を催すのはすごく真っ当な反応ですけど、かといってそれらを盲目的に排除してしまうのはどうかなあ、と私は思います。
もちろん、国内向けのそれらの商品を海外では買えないようにする措置は必要ですけど、存在そのものを否定しても決して人間の欲望はなくなりません。
肝心なのは、実際の被害者を出さないことではないでしょうか?

「お前な、そういう卑猥なモンが、現実の犯罪を助長するいう考えはないんかっ!?」
「うーん。でもさ、日本の性犯罪発生率って、国際的にも極めて低水準だったような…」
「あほかっ。皆無じゃない時点で助長しとるも同然やないか!!」
「でも、そういう空想が抑止力になってるという考えもあるよ?」
「なんやと? お前も変態の仲間なんか、ああん!」

なんだかいろいろ難しいですね、なんて友人に胸ぐらを掴まれながら逃避してみたり……。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「痴漢」事件で逆転無罪

>電車内で痴漢行為をしたとして、強制わいせつ罪に問われていた防衛医科大学の名倉正
>博教授に対し、4月14日最高裁判所は一、二審の実刑判決を破棄し“無罪”を言い渡した。

上記のニュース、遅ればせながら今日知ったのですが、なかなか賛否両論のようですね。
個人的には、証言だけでほぼ有罪になる現状について憂慮していたので、諸手を挙げて賛成とは言いませんが現状に一石を投じる判例になったと思うのですが。

「んじゃなにか?被害者の女性は泣き寝入りせーというんか?!」
「いや、そんなこといってなんでしょ!」

あー、まためんどくさいやつが出てきたなあ・・・・・・という本音は置いといて。

「他の犯罪だと、普通は『疑わしきは罰せず』じゃない?でも痴漢だけは問答無用で有罪でしょ。それに納得がいかないっていうだけだよ?」
「・・・・・・あっそ。なら俺がこれからお前のケツにに浣腸しても、証拠がないから無罪なんやな?」

ちょ、ちょっと待って、その指はなんですか?!

「待て落ち着け話せば分かる!」
「死にさらせ、女の敵っ!」

アッーーーーーー!!

| | コメント (0) | トラックバック (1)